飲酒の習慣がないという人でも、脂肪肝になるリスクがあることは意外と盲点です。有害な物質が身体に入った時に、分解能力を持っている臓器が、肝臓になります。沈黙の臓器ともいいますが、その理由は、肝臓はよほど機能を損なわなければ自覚症状がないためです。そんな肝臓のなりやすい病気として脂肪肝があります。肝臓が働かなくなる症状として、中性脂肪がたまったせいで起きる脂肪肝があります。脂肪肝は、中性脂肪が原因で起きるものです。酒が原因で肝臓を損ねるという話はよく耳にしますが、脂肪肝の原因はアルコールに限った話ではなく、糖分の摂りすぎである場合があります。脂肪肝は、高カロリーの食事が一般化している昨今では、よくある病気になっています。脂肪肝にならないようにするには、カロリーオーバーの食事はやめて、規則正しく、健康にいい食事をすることがですが、それが実行できない人もいます。食事内容を見直す時に、サプリメントを使った栄養補給も行うことで、手軽に栄養バランスの取り直しができます。脂肪肝が気になる人におすすめの栄養素はオルチニンで、肝臓の機能改善と働きを助けてくれます。サプリメントでオルニチンを体内に供給することで、食事だけでは不足しがちなオルニチンを補給し、肝臓機能の働きをサポートすることができます。メーカーが開発したオルニチンサプリメントは種類が多様化していますので、飲みやすいサプリメントを選択するといいでしょう。