多くの人が、通販を利用してスキンケア用品を買い求めたことがあるようです。通販で購入したスキンケア用品の場合、いざ利用してみたところ、美肌効果が得られなかったということがあります。どうしてこのように宣伝と実際に使用したときに差が出てしまうのでしょうか。肌質が一人一人で違うからという原因を挙げる人もいますが、肌質の違いとは、肌の表面がどんな状態になつているかに関係しています。肌の表面を拡大してみてみると、角質の構造が見えるのですが、この時肌の表面に古くなった角質があると保湿剤などの成分が本来届くべきでないこの古い角質層に使われてしまい、肌が潤うことはありません。スキンケアの効果を高めるには、古い角質層を除去することが、重要なことだと言われています。表層に残っていた古い角質層がなくなれば、スキンケアの効果か出るようになりますが、予め気をつけたいことがあります。お肌は刺激に弱く、しわができたり、肌荒れができたりすることがありますので、身長に扱うようにしましょう。傷みが激しい場合には、出てきたばかりの新しい角質が古い角質と同じような状態になってしまうので、やさしく扱うようにしましょう。お肌の表面を傷めてしまうことがないように、スキンケア化粧品を使う時には、そっと触るように心がけましょう。普段の生活でも、痒いところがあるとつい掻いてしまうと思いますが、爪によって肌が傷んでしまうので、気を付けなければなりません。適切にスキンケア商品を使って、お肌をケアすることができれば、きれいな皮膚でいることが可能になります。