クレンジングと洗顔によるスキンケアがしっかりとできたら、次に使用するスキンケア商品は化粧水になります。美容クリームや、美容液を使う前にお肌につける化粧水は、肌への水分補給と共に、栄養成分や美容成分の補給を行い、スキンケア用品を肌につけやすくします。皮膚は水分が不足すると肌トラブルが起きやすくなりますので、化粧水でも保湿ケアはスキンケアの要です。洗顔が終わったらすぐに、化粧水をたくさん使うことで皮膚に十分な水分を与え、美肌効果を引き出していきます。スキンケア用品の一つに、美容液があります。化粧水で肌を潤わせた後に、使う美容商品です。美容液には、肌が必要としている美容成分を角質層に届ける役割があります。一般的には他の化粧品と比較すると、凝縮された美容成分が配合されている商品が多いようです。美容液選びで、後々失敗しないためには、自分の肌の症状を理解した上で、適切なものを探しましょう。クリームや、乳液も、肌をきれいにするためのスキンケアでは大事です。肌にスキンケア用品の成分がよく混ざり合うようにするためには、クリームや、乳液なを使って皮膚を柔らかくする必要があります。普段から、お肌から分泌される油分や汗の量が多いという人は、美容液やクリームに頼らずとも、マッサージケアで足りることがあります。肌の保湿力が弱くて乾燥しやすい人は、乳液やクリームなどのスキンケア商品でしっかりとケアする必要があります。