肌の悩みは様々なものがありますが、その中の一つに、にきびの場所にできるにきび跡のトラブルがあります。赤みが残る場合、毛細血管を通って送り込まれた血液がにきびを治すことに使われた後で、その流れが引かない状態を意味しています。にきび跡が赤くなっていつまでも残っているという時には、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。睡眠中の人体は副交感神経が活発になり、成長ホルモンが多くつくられることで、傷ついた細胞を修復するための活動が進みやすくなります。成長ホルモンの働きが最も高まるのは、眠りについてからの最初の3時間であり、この時の睡眠の質が大事です。いい眠りを得られるようにするには、就寝環境を整えると共に、お風呂にゆっくりつかって気持ちをほぐしたり、好きなことをして精神を楽にします。お肌にできたにきび跡の赤みを消すためには、新しい肌をつくるための栄養素を積極的に摂取することも大事になります。オメガ3脂肪酸や、たんぱく質、ミネラルを多く含む食材を選択することが、肌の細胞を蘇らせてくれます。また、ビタミンやミネラルの吸収を阻害する成分を含む食材を控えることも大事です。アルコールや、塩分などは、摂りすぎないように心がけながら食事を摂りましょう。にきび跡の赤みを解消したい場合は、運動量を増やして、代謝のいい体になることも有効です。毛細血管がにきびのあった場所に集まったままになっていることが赤みの原因なので、他に血液を必要とする場所をつくるため運動をするといいわけです。症状が重かったり、家でできるにきび跡のケアでは効果が得られないという場合は、病院で診察を受けるようにしましょう。