フォトフェイシャルでお肌をきれいにしたいという人は多いですが、知っておきたいことがあります。美肌に役立つ光を皮膚にあてる施術として、フォトフェイシャルというやり方があります。フォトフェイシャルが人気がある背景には、エステや、美容クリニックでフォトフェイシャルを受けて、肌を美しくすることが可能だからです。専用の光が皮膚の深層にまで届き、美白効果をもたらすことから、化粧品では届かない肌の奥まで影響をもたらします。たるみやしわの目立つお肌をすべすべのお肌にしたり、毛穴の黒ずみを目立たなくしたりという作用もフォトフェイシャルで得られます。フォトフェイシャルの光は、皮膚の奥にまで到達することで、保湿効果があるコラーゲンをつくる繊維芽細胞を刺激することが可能になります。感じ方は差がありますが、フォトフェイシャルを受けると痛みを自覚するということもあります。施術の次の日は、光を当てた部分の肌のしみがより濃くなることがあり、人によっては症状が悪くなったと感じます。ただし、この時点で気にしすぎて、皮膚をつねに触ったり、強く擦ったりしてはいけません。フォトフェイシャルの施術後は、皮膚が刺激に弱い状態になっていますので、紫外線を受けないようすることで、仕上がりをきれいにすることが可能です。敏感肌の人はフォトフェイシャルを受ける時には注意が必要ですが、特にアトピー肌の人や、日焼けをしている人はお勧めできません。どんな点に配慮すればいいかをチェックした上で、フォトフェイシャルを使ってください。